東京にいると、色んな出身地の人だらけ。



私は横浜生まれ、横浜育ちだけど、

新興住宅地だったから、色んな出身地の両親をもつ子供ばっかりで、夏休みは町に誰もいなくなった。

どこの人だろうが、どこの国の人だろうが、そんなことを口にする人は周りにいなくて、
それが当たり前に育った。



東京も住んだし、川崎も住んだし、イタリアも、西宮も、神戸も…

引っ越しは15回くらいして来た。


そんなことをしているうちに、
どこの人とか、どの街の人とかいう意識がどんどん希薄になっていて、どこにいても大差ない、と思える。


自分の居場所や所属は、
この半径3m以内にしかないな、





と犬たちを膝に抱いて思うのでした。^_^