2016.11.05 京都 お香の旅


明日の京都でのイベントのための京都入りを少し早めて、お香やさんめぐりをしてきました。


前回は松栄堂と山田松香木店に行ったので、

今回は薫玉堂と、林昇龍堂を訪れました。



沈香は酸っぱくてあまり好きではないな、と思っていたのですが、

タニ沈香は酸っぱくて、
シャム沈香は酸っぱくないことが判明!


薫玉堂で色々と教えていただき、
塗香やら香炉やらを買い求め、

林昇龍堂へ。





三条の賑やかな通りを通り抜け、ひっそりとした場所にお店がありました。



こじんまりとした店内にこだわりの品が色々。


なにやらマニアな方が、ご主人と語らっていました。




とても感じの良い娘さんが色々と教えてくださり、
お話していたところに、すっとご主人が出してきたシャム沈香。


香木を刻んだものを、香炉の中で熱い炭の上に置くタイプ。


素直で温かい香りで、沈香のイメージが覆されました。




また楽しみが増えてしまいました❤️