いつも、右手の人差し指には、una storia.

ガス灯のリングに、
最近仲間入りしたライオンのリング。


このライオンは、
フィレンツェのような、古い街の中の、
石のライオンがモチーフです。

たくさんの時間の中で、人の手が触れたり、
風や雨によって、まあるくなったライオン。

それでも、街を、人を、
力強く見守っている、ライオン。



心に鎧を着せて、
ドアを開けて外の世界に出たとしても、

ふと、心細くなるような瞬間、
ライオンと目を合わせてみる。




年を重ねると、どんどん、泣くわけにはいかなくなる。


私の薬指に、もうひとつのお守りができました。