9月のイベントのための、革の箱が完成しました!
スペシャルなジュエリーのためのボックス。

継ぎ目や縫い目のないつるりとした革の箱の技術はフィレンツェ伝統の技術です。


イタリアには本当に美しいものづくりの技術がいろいろあって、それらはみんな手作業なので、たくさんはできません。


思わず手に取りたくなるような、

生活の一部に、そばに置きたくなるようなものに

私なりのフィルターを通して、

こういうものを少しずつ作っていくことも喜びの1つです。



イタリアのお店では、そんなものも、少し取り扱いたいなと思っています。




みなさま、良い週末を!