フィレンツェの夏の太陽は、こうして何百年と、石畳を焼いてきたのでしょうか。


暑い暑い、夏のフィレンツェ。

人々は間も無くやってくるバカンスにソワソワしながら、最後の仕事を手早く終えようとしています。




こちらも伝統工芸の、継ぎ目のない革の箱。

スペシャルなジュエリーのボックスとしてオーダーしています。

似たものはあっても、職人によって仕上がりが全然違うのです。