最近、日本画を習っています。

これはまだまだ途中経過。



日本画の白をすごく惹かれていたのと、いつか金屏風を自分でつくりたくて。


日本画の絵の具は【岩絵の具】と言って、岩を砕いたものなのですが、中には宝石になるような石もあるのだそうで。


金に宝石…。


描くジュエリーなんだわ!



と、ひとり人知れず興奮しておりました。


箔を貼りたい私に、先生が箔の貼り方を教えてくださいました。



これと、



これと、



これを買っておいてね。


といわれ、すかさず写真を撮り、
実技は動画をバッチリとっておく。




するとお教室の皆様に、

『まー、世代が違うわねえ!』


と驚かれてしまいました。


普段お店では逆の意味で世代の違う子達に囲まれているので、なんだか新鮮…!




隣の方に、

『次は何を描くんですか~?』と伺うと、


『実は…』と見せてくれたのがこれ。





なんと、私、なんだそうです!


前回のお教室のあと、思い出しながら描いたの。

とデッサンを見せてくださいました。




その方は鉱物がたいそうお好きで、それで岩絵の具に興味をもたれたのだとか。




優しくて奥深い方々に囲まれた、私の癒し時間です。