2014.06.17 Memoria dell'acqua


夏が近づくと、手首に何もないことが、急にさみしく感じます。




電車のつり革を握る手に、さらりとブレスレットが揺れているだけで、自分自身をとても丁寧に慈しんで暮らしているような気持ちになるから不思議です。




ティーカップを持つ手も、心なしかちょっと優雅に。



誰かになにかを手渡す時にも、
ブレスレットを揺らし、ゆっくりとした仕草で。




『さようなら』
すっと手をあげて、挨拶をする。

日が落ちて、静かな夕暮れの時間帯には、オパールはまた格別の美しさを見せるのです。


[Memoria dell'acqua Bracelet] 36,000yen