フィレンツェ本店の、扉の両サイドには、小さなショーケースがついています。




やっぱり、una storia のリング。







今日までは、一年を振り返る。




明日になったら、未来の方を向く。




毎年繰り返されるそのことが、

とても愛おしく感じます。



ひとつひとつの出会いを、

長い物語にしていくこと。



それが、私の、願いです。









フィレンツェの職人に知り合うたびに、


『陽気でちょっとテキトーなイタリア人』

みたいなイメージは、

本当に表面的で作られたイメージだな、と思う。



みんな、とても真面目だし、

そして、意外にも自由な心も持っている。


『職人』= 頑固


みたいなのもまた、短絡的なイメージなのかもしれない。




例えば、こんなものを作ってみてほしい、と頼んだときに、


『やったことがないけれど、やってみましょう』


と、トライしてくれる。





今回、フィレンツェ本店の家具の生地貼りや、オーダーのクッションを仕上げてくれた職人さん。




穏やかで、とても物静かで、
実直な職人さんでした。





年末の忙しい時期なのに、私たちの滞在中に
急いで仕上げてくれました。





中心地からは少し離れた路地にひっそりと佇む工房で、きっと長い間、ハサミと針を手に、仕事に向き合ってきたのでしょう。





フェラガモ一族の別荘の中を全部任された時の写真を見せてくれました。










毎日スタイリストたちが丁寧に書いてくれる、

全てのお嫁に行ったジュエリーのストーリー。



『来年の道しるべに』


南十字星のジュエリーを、そんな理由から貰ってくださった方。



一年の終わりや、

一年の始まり。




振り返って感謝したり、

前を向いて自分を励ましたり。



いつも身に付けるものだから、

やっぱり、そんな意味を持つものを届けたいな。














ついに、クアラントットフィレンツェ本店が、クリスマスの日にオープンしました❤️



フィレンツェにいるときから、ずっと夢だった、

色んな国の人に、ジュエリーを届けること。


その扉をまずは少し、開けることができました。





お店をオープンすることが目的ではなくて、

その後のひとつひとつの奇跡的な出会いを、

大切にすること。



扉を開けて入って来てくださった方が、

入って来たときよりも、もっと笑顔で、

お店を後にしてくださること。



その為の場所がまだやっと、できただけのことです。









この通りを通る、どんな人が

思わず足をとめて、ショーウィンドウを覗いてくれるだろう。





神戸で、はじめてクアラントットの紙袋を持った人を街で見かけた時、すごくドキドキしました。


ついこの間も、東京の電車の中で、クアラントットのピアスをした人を見かけて、すごくドキドキしました。




世界中のいろいろな女性の方の

『ちょっと幸せ』な1日のお手伝いをできるように、

これからも、大切に大切に、

ジュエリーを作っていきたい気持ちです。








フィレンツェは職人の街。


ちいさな工房がひしめきあっていて、
真面目な職人たちがクリスマス休暇前の仕事を懸命に仕上げています。


今回アンティーク家具の張替えをお願いした工房で、
クッションをオーダーしにいきました。




フェラガモ本店用の型紙が置いてありました。

みんなこうやって小さな工房に頼んでいるのですね。




たくさんの生地サンプルをひっぱりだしてきて、









ちょっと面白いものをオーダー。


初めてやるものでも、

『Proviamo(やってみよう。)』

と言ってくれる。



上手くいきますように!








お気に入りの椅子❤️


いい感じに仕上がっていました。


街はクリスマスムード🎄

クアラントットのフィレンツェ本店もまもなくです!






2016.12.14 心の輝き


心には、いつも希望や感謝を満たしていたい。


綺麗ごとと言われても、

嫌な気持ちで満たしたくないから。











たくさんのお客様とお話して、たくさん笑った時間の余韻を冷ますように、


暮れていく空と、樹々のシルエットを眺めながら、
お手紙を書いていた1日。



初めまして、のご挨拶でも、

たくさんクアラントットのジュエリーをつけてくださっているのを見たら、もうなんだか初めてじゃないみたいな気持ち。



すごくすごく久しぶりな再会でも、
ジュエリーのことを話していたら、
最後にあったのが、まるでおととい、くらいの感覚。



お互いに好きなものが似ているもの同士、
まるで親友とおしゃべりするみたいな気持ちです。








土曜日、日曜日の2日間、

たくさんの方の『たったひとつの運命の石』選びのお手伝いをさせていただきました。


わざわざお越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。


小さなお店の頃から来てくださっているお客様。

いつもお香やアロマの事を教えてくださるお客様。

『いつもブログやインスタみてます!』って言っていただけたり、

差し入れやプレゼントまでいただいてしまったり、、、。



本当に温かく、優しい方ばかりで、
胸がいっぱいになりました。





たくさんの天然石がある中で、

目が合う石は本当に人それぞれなんですよね。


だから、『どれが人気』なんてない。


やっぱりそれは、その方の心と繋がっているのだ、と実感しました。


それは、やっぱり、『記憶の行方』なのかもしれません。^_^



いただいたオーダーは、大切にお仕立てしますね!






(イベントは火曜日まで開催しております。)











まさに、女王の風格!


出会った瞬間に、息を飲んだ、ゴールドのケシパール。



ゴールドのケシパールは前回のロットでも大人気で、すぐになくなってしまったので、ずっと探し求めていたのですが、こんなに美しいゴールドにはなかなか出会えませんでした。


『女王蜂』と名づけたこのケシパール、ようやく様々なジュエリーになって、明日から登場です✨✨




美しい女王蜂を、見つけにいらしてください❤️